リフォーム商品の紹介

インプラス

窓リフォーム インプラス

1.断熱効果をプラス

住まいの中で熱の出入りがもっとも多いのが「窓」。つまり窓の断熱性能がアップすれば、住まい全体の断熱性能はグンとアップするのです。

樹脂製サッシと空気層で暖冷房効率アップ!

インプラスは樹脂製。樹脂はアルミに比べて熱伝導率が1/1000程度と、断熱効果に優れた素材です。さらに今ある窓との間に生まれる空気層が室内の熱を外に伝えにくくし、断熱効果を発揮します。外気温の影響を受けにくい快適な室内環境を実現します。

2.結露効果をプラス

住まいを傷めるだけでなく、カビやダニ発生の原因にもなる結露を軽減します。

不快な結露の発生を大幅に抑えます。

既存の窓と、内窓として取り付けたインプラス、さらにその間に生まれる新しい空気層が室外と室内をしっかり隔てる構造に。大きな断熱効果で外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑えます。

3.遮熱効果をプラス

インプラスを取り付けることで「窓」の遮熱性がアップ。冷暖房費が節約でき、快適で環境にもやさしい住まいが誕生します。

遮熱タイプなら、強い陽射しや紫外線を大幅カット

遮 熱高断熱複層ガラス入インプラスを使うと、室外側ガラスにコーティングした特殊金属膜により、夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めます。室 内の明るさはそのままに、窓から入る熱をカットし、紫外線も大幅に遮断。健康を守るのはもちろん、家具やインテリアの色あせも防ぎます。

 

img01img02注1) 【算出条件】シミュレーション地区:東京 ●SMASH for Windowsにより算出 ●2階建て/延べ床面積:120.07㎡、開口率:〈Ⅲ地域以南〉26.8% ●4人家族 ●エアコンCOP:3.0、石油 ファンヒーター効率:80% ●暖房:20℃、冷房:26℃・60% ●暖冷房運転:間欠運転 ●拡張アメダス気象データ2005年版を使用 ●住宅断熱 仕様:昭和55年省エネルギー基準適合レベル ●居室の窓(9窓)にインプラスを設置 ●居室の窓(9窓)にレースカーテンを併用●電気料金:22円 /kWh、CO2排出係数: 0.39kg-CO2/kWh ●スギの木のCO2吸収量:14kg-CO2/本 注2) このカタログのサッシ・ドアセットに示されている遮音性能は、JISで定められた方法により実験室で測定した測定値です。実際の建築物の現場で測定したと き、実験とは音場*が異なるので、それぞれの測定値に差異が生じます。( *音場:音波が伝わっている空間の状況を示す。) ※建物の構造、お住まいの諸条件により得られる効果に違いがあります。